避妊薬の避妊以外の効果とは

女性が、男性任せにしなくても、自らの意思で妊娠の危険性を回避できる避妊薬であるピル、最近は低用量ピルもいろいろな種類のものが取り扱われるようになっており、副作用に悩まされることなく、自分の体質にぴったりくる避妊薬を見つけることができるようになっています。
ピルはきちんと飲み忘れることなく服用すれば、避妊効果は限りなく高く、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。
さてこの避妊薬のピルは、避妊以外にも様々な治療に使われることがある薬で、女性に取ってはまさに救世主ともいえる素晴らしい薬です。
ホルモン剤として認識されることも多く、がんを引き起こす危ない薬といった誤った情報を持ち合わせている女性もいますが、前述したような低用量ピルであれば、まずそのような心配はありません。
それどころか処方に当たっては、定期的な婦人科検診が必要となるので、最近声高に叫ばれている子宮がん検診も、服用していない女性よりも頻繁に受ける習慣がつきます。
そして、女性に取っては切り離して考えられない生理が、格段に楽に過ごせるようになるというメリットがあり、生理痛がひどい、生理周期が安定しない、経血の量が半端ではないくらい多い、といった悩みをすべて解決してくれます。
経血量が多く、今までは下着や洋服まで汚していたという女性でも、普通サイズのナプキン一枚で事足りるほど量が少なくなったり、生理がまるでカレンダーのように一日の狂いもなくやってくるので、旅行やイベントの行事が組みやすくなったという方、そして最近よく聞かれている大人ニキビに悩まされる女性にも非常に効果があるといわれています。
この大人ニキビは、男性の髭の生える部分と同じ、口周りや顎周辺、フェイスラインや首にできることからもわかるように、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになり、皮脂つまりを起こしてニキビが発生してしまっているので、ピルを服用し少なくなってしまった女性ホルモンを補うと、男性ホルモンが抑えられ、皮脂分泌が少なくなっていきニキビが改善していくといわれています。
頑固な大人ニキビに悩まされている女性たちが、ニキビ治療として低用量のピルを処方されることも多く、美肌効果が非常に高い薬です。
そして、閉経前後の女性たちが悩まされる更年期障害の治療にも使われることがあり、女性ホルモンを補うことにより、様々な辛い更年期の症状を緩和させることが出来るといわれています。

■ピルを安く購入したい方はココ
やさしい生理をサポート|ピル通販